性行為の際、女性が避妊をするなら低用量ピル

性行為中のカップル性行為の際、男性が避妊に協力的でないと女性は思いもよらず妊娠をしてしまう場合があります。
望まない妊娠は心身ともに大きなダメージとなってしまう場合もあります。
しかし、低用量ピルを用いれば、女性は自分で自身を守ることができます。
低用量ピルの使い方は簡単です。
毎日一粒飲み続けるだけでいいのです。
すると身体自体が妊娠しにくい状態になるので、コンドームよりも確実に避妊ができます。
まず低用量ピルには女性ホルモンが含まれています。
これを毎日服用することで、身体が今、妊娠中と脳に錯覚させることができます。
女性は妊娠中、排卵が抑制されるため生理が止まり受精することができなくなります。
これと同様のメカニズムをピルの服用により引き起こしているのです。
また、子宮内膜の増殖も抑制するため、たとえ受精したとしても着床しづらくなっています。
そして子宮入り口の粘液も変化させるため、男性が性交渉の際に射精しても精子が子宮に入りづらくします。
このようなことから、低用量ピルを服用すれば安心して避妊ができるのです。
また、低用量ピルには避妊以外の効果もあります。
女性の中には生理の際、ひどい腹痛や頭痛が生じる方もいますが、ピルを服用することでその症状を緩和することができます。
また、生理不順の改善や生理前症候群からくるイライラなども緩和することができます。
このように女性にとって嬉しい効果のある低用量ピルですが、飲み忘れると調整が必要になってしまいます。
1日分の飲み忘れなら翌日に2日分服用するだけでいいですが、二回以上忘れると薬のシートを替えて飲み方を調整する必要があります。
ですから低用量ピルを使用する際には、飲み忘れだけはしないように注意が必要です。