低用量ピルを飲むと不正出血が起こる可能性は?

低用量ピルとは経口で服用する避妊薬のことで、望まない妊娠を避けたり婦人科系疾患の治療などにも使用される用途の広い薬です。
効果が高く様々なメリットを得られるのですが、人為的に体内のホルモン量を操作するために様々な副作用や症状が現れることもあります。
その中でも最もよく見られるのが、生理日でもないのに少量の出血が起きてしまう不正出血です。
低用量ピルを服用している人に不正出血が見られるのは、決して珍しいことではありません。
一般的にピルは生理開始と同時に服用が始まりますが、子宮内膜が全て排出されないうちからホルモンバランスをコントロールしてしまうため、子宮内の内容物の排出スピードが遅くなり、不正出血という形でいつまでも出血が続くという現象が起こりやすくなるのです。
また、ピルに含まれる成分の中には子宮内膜を維持しにくくさせるものもあり、この影響で生理でもないのに内膜が剥がれて軽い出血として現れることが多くなります。
特にピルを飲み始めて最初の数ヶ月は、身体がホルモンバランスの変化に慣れていないため不正出血が起こりやすくなります。
起きたとしても薬の影響によるものであり、重篤な症状という訳ではないので過度な心配は必要ありません。
身体が慣れれば自然に起こらなくなるケースがほとんどなので、しばらくは様子を見て構いません。
通常は出血が起きたとしても一週間以内に収まることがほとんどなので、これ以上続くような場合は病院を受診するようにしましょう。
子宮内膜症や筋腫などの病気の症状としても不正出血が起きることがあるので、腹痛など他の症状も一緒に現れれば病気の可能性が高くなります。
このような場合はピルの服用を中止し、医師の診察を受けた方が安心です。