低用量ピルをクラスメイトに見られた場合なんて言う?

低用量ピルをクラスメイトに見られてしまった女子高生世界中の女性たちに愛されている低用量ピル、異性との交際において、望まない妊娠という悲劇を回避させることが出来、なおかつ、ホルモンバランスを整える効能があるので、毎月の生理を軽いものに改善させてくれるなど、女性の日常生活の向上に大活躍してくれる、素晴らしい医薬品です。
しかし我が国においては、まだまだ普及率も低く、この利便性を正しく理解していない女性も少なくありません。
服用をする当の女性ですらそのような理解度なので、異性の中には、ピルを飲んでいる女性は尻軽だ、性に対して奔放だ、などという馬鹿げた意見を持っている輩もおり、こういった偏見も日本での低用量ピルの普及を妨げている要因の一つになっているようです。
そもそも、女性が避妊を男性任せにする、ということ自体が間違っており、妊娠をしてしまうことにより、様々な不利益を被るのは女性だけなのです。
避妊に失敗してしまった男性側には何の不利益もなく、子供を産むにせよ産まないにせよ、決断を迫られるのも女性だけです。
低用量ピルを服用することにより、妊娠しない身体にするということだけではなく、生理周期を安定させたり、大切な行事とぶつからないようにコントロールすることも可能となるので、仕事を持つ女性だけではなく、女学生にも最適な医薬品です。
もし、ピルの服用をクラスメイトに知られたら、ピルの持つ素晴らしい効能を教えてあげましょう。
毎月、ひどい生理痛に悩まされることもなくなり、授業中にトイレに行けず、経血が漏れて下着や制服を汚してしまったり、といったアクシデントもなくなり、生理期間でも普段と変わらず快適に過ごせるようになるのです。
大切な試験日、修学旅行も、生理とドッキングするという事態を回避させることも可能な薬なのです。