低用量ピルは子宮筋腫に効果的?服用のデメリットは?

女性ならではの婦人科系疾患の一つに、子宮筋腫というものがあります。
子宮筋腫とは、子宮の筋肉の細胞が異常増殖することで発生する良性の腫瘍のことで、不正出血や妊娠しにくいという問題を引き起こす可能性があります。
不正出血の疑いがある女子高生症状の重さには個人差がありますが、出血量が多い場合などは治療の一環として低用量ピルが用いられることがあります。
低用量ピルと言えば避妊目的で使われることが多いものですが、このように疾患治療にも高い効果を現します。
子宮筋腫は、子宮内膜が厚くなればなるほど症状が重くなるため、それを抑えることが主な治療となります。
ピルには子宮内膜の生成を邪魔して剥がれやすくする成分が含まれているため、不正出血の量が減少したり痛みが軽くなるという効果が得られます。
また、ピルによって体内のホルモン量を管理することで生理周期も規則正しくなり、筋腫による月経不順なども改善させることができるのです。
このように様々なメリットのある低用量ピルですが、薬である以上は服用によるデメリットもあります。
例えば、服用することで最も心配される副作用として血栓症が挙げられます。
ピルには血液を固まらせやすくする成分も含まれているため、人によっては血栓が出来やすくなってしまうのです。
もしできてしまった血栓が血液に乗って移動して、心臓や脳などの細い血管に詰まれば、心筋梗塞や脳梗塞など重篤な症状を引き起こしてしまいます。
特にタバコを毎日吸っているような人はニコチンの影響で血管が収縮しやすくなっているため、特に血管系の障害リスクが増大します。
また、服用を始めた最初の時期は身体がホルモンバランスの変化に慣れていないため、吐き気や不正出血など様々な不調が生じる可能性があるので注意が必要です。